2001年7月17日 埼玉新聞で紹介される

(やや誇張されて書かれていますが、やむを得ないでしょうか・・・)

) 


海外から INTERNET で参加
春日部高27回卒業生・同窓会

二十一世紀はITの時代、このほど春日部市内で行われた県立春日部高校の第二十七回生による同窓会で、会場と海外に出張中の同級生とがインターネットで直接メール交信を行い、旧交を温めた。
 二十七回生四百五人のうち同窓会に出席したのは同級生八十人と恩師八人。卒業以来初めて開いた同窓会。幹事の一人でインターネット担当を務めたWEBデザイナーの山森一幸さんは「今回のインターネット中継は海外にいる同級からの要望で試みた。
 私たちも四十代になり、それぞれ社会的、職業的にも最も活躍出来る時なので、顔を合わせて旧交を温めるだけでなく、情報を交換しながら今後の人生をより実り多いものにして欲しい」と話していた。
 会場では、恩師のあいさつや級友たちのメッセージと写真が次々ネットに取り込まれ、韓国、シンガポール、ジャカルタなどの海外や国内にいても出席出来なかった級友たちと次々交信。同時に携帯電話による交信も行われるなど、近況報告や青春時代の思い出話が会場を盛り上げていた。
 このほか、メールアドレスには、他の卒業生たちからも、恩師や先輩・後輩の元気な様子が分かったとメッセージが寄せられなど、「IT同窓会」は大好評だった。

(2001年7月17日掲載)


このページのトップへ

グーグルへのリンク